メール受信のみ系 (1/1)

基本的にはほっておいてもポイントが勝手に貯まっていきますので、まめでない人には最適かと思います。次の3つに登録しておけば、2年間で5000円くらいにはなりそうですね。但し、ドリームメールはカード作成が条件になります。
ポイント蓄積率(一日当り金額に換算):4以上=A、1〜4=B、1未満=C 
ポイント交換可能性:1年以内=A、2年以内=B、2年以上=C、見込みなし=D


  1. OPT・Club
    オプトクラブ 運営会社:株式会社オプトクラブ(資本金5,555万円)
    ポイント有効期限が1年という制約はありますが、1メール受信で10円と高額です。メール数は多くありませんが、携帯メールも同時に登録すれば比較的早く貯まります。携帯メールに登録しない場合には、1年で換金(1000ポイント)に達するか達しないかといった微妙な所でしょうか。ぎりぎりになったら友達等の紹介をして滑り込みましょう。携帯メールも登録すれば換金はほぼ間違いないと思われます。
    1円/P ポイント有効期限:1年 最低交換ポイント:1000
    ポイント蓄積率:B ポイント交換可能性:A
    現金化対応:○ eBank対応:○ 紹介制度対応:○
    ポイント獲得手段:メール受信のみ、携帯

  2. DreamMail
    ドリームメール 運営会社:株式会社エルゴ・ブレインズ(資本金5億4852万円)
    500ポイント(2000円)から換金できますが、カード作成が条件ですので、実質的には2000ポイントからになります。メール受信のみで2000ポイントまで貯めるには5年以上かかりますので、カード作成せずに換金ポイントに達するのは実質不可能ということになります。但し、不定期なアンケートポイントの当選やお友達紹介ポイントを獲得できれば、一気に近づく可能性があります。私も最近2ヶ月連続でアンケートポイントに当選し、1000ポイントを獲得しました。1000万円当選の可能性もありますし、基本的にメール受信だけで手間がかかりませんから登録しても損はないでしょう。
    1円/P ポイント有効期限:2年 最低交換ポイント:500(条件あり)
    ポイント蓄積率:B ポイント交換可能性:C
    現金化対応:○ eBank対応:○ 紹介制度対応:○
    ポイント獲得手段:メール受信、不定期アンケート回答、懸賞あり

  3. Waku2Mail
    わくわくメール 運営会社:株式会社サクセスコール(資本金3億4000万円)
    毎年一度、5月1日〜翌年4月25日の間に更新手続きが必要ですが、ポイントの有効期限はありません。登録時にスピードくじを引くと5人に1人100円、20人に1人1000円、100人に1人5000円が当たります。結構当り易い様で私も1000円が当たりました。現金化する場合、振込み手数料100円と寄付金1%が差し引かれます。ジャパネット銀行と郵便局のみ対象で、イーバンク銀行に対応していないのが残念なところです。ここの最大の特徴はGpointとNetMileによるポイント合算対応ではないでしょうか。特にGpointの場合は低いポイントから交換できますから、わくわくポイントをGpointに交換する(Gpointは現金化できませんが)のもいいでしょうし、Gpointをわくわくポイントに交換して現金化するという手もあります。
    1円/P ポイント有効期限:なし 最低交換ポイント:1000
    ポイント蓄積率:B ポイント交換可能性:B
    現金化対応:○ eBank対応:× 紹介制度対応:○
    ポイント獲得手段:メール受信のみ、携帯

Home

表紙へジャンプ 研究所へジャンプ ガイダンスへジャンプ お小遣いサイトへジャンプ ランキングへジャンプ このサイトについてへジャンプ Next Previous Next Previous
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー